さっぽろ羊ケ丘展望台「肉カーニバル」開催のご案内(2016年09月15日)

来たれ!肉女子!肉男子!
9月21日(水)~9月24日(土)にさっぽろ羊ケ丘展望台では、道産ブランド牛の食べ比べイベント「肉カーニバル」を開催いたします。食の秋を堪能しに、さっぽろ羊ケ丘展望台に遊びに来ませんか?

ラベンダー

イベント名 肉カーニバル
日時 2016年9月21日(水)~24日(土)  午前10時~午後4時
※変更になる場合もあります
場所 当展望台レストハウス1階
内容 羊ケ丘の名は月寒種羊場として羊を飼っていたことに由来しますが、創設時の明治後期は実は「種牛場」でした。そんな歴史を引き継ぐ当展望台の地で、思いを込めて道内を代表する牛肉を焼き肉スタイルで味わってもらおうという催しです。

食べ比べできる牛肉(9月13日現在)は、白老(白老町)、ナイタイ(上士幌町)、知床(大空町)、いけだあか(池田町)、旭髙砂(旭川市)など。いずれもブランド肉として知られ、原則的には現地からの取り寄せを基本としています。

白老牛は北海道洞爺湖サミットで日米首脳晩餐会、首相夫人主催昼食会で振る舞われ、世界のVIPたちが口にしました。ナイタイ牛は故郷納税の「お返し」で広く知られ、全国的に有名です。いけだあか牛には十勝ワインの製造過程で出る「ワインオリ」を飼料の一部に活かし、旭髙砂牛も高砂酒造の酒かすを飼料化して牛に食べさせているといいます。知床牛は牧場に演歌を流し、牛をおおらかに育てて肉質の向上に役立てています。

レストハウス内でお目当ての肉(有料)を選んだお客様達が、その場に備えられた専用焼き台で自由に焼き、食べて頂けます。

参加チケットは、2,500円チケット(7枚綴り、2,800円相当、ご飯食べ放題、野菜付き)1,500円チケット(4枚綴り、1,600円相当、ご飯1膳、野菜付き)にて、レストハウス1Fにて当日発売いたします。

肉カーニバルのチラシのPDFはこちらからご覧いただけます!